内掛けドレス

いよいよ 内掛けドレスの作成に入ります。

シーチングを使って仮縫いをしました。

着物の巾が36センチぐらいなのでそれに合わせてのデザインです。

レースのようにフワリフワリとした感じはありません。

着物の柄を生かしてつくる予定です。

最初はシーチングで様子を見て、次はより厚手の生地(麻のジャガード織り)で

仮縫いをします。

着物もなかり厚手ですのでそのほうが感じがつかめるでしょうね。
d0086514_11452681.jpg

[PR]
by ezo05 | 2009-10-22 11:45 | 洋裁 | Comments(4)
Commented by キャロコ at 2009-10-22 23:08 x
ワァ~ 仮縫いにはいったのですね!
2回もの仮縫いにタンバタンさんの親心が見えるようです。
出来上がりが楽しみです~ ワクワク

Commented by boumama at 2009-10-23 12:03 x
気の遠くなるような仮縫いも2回もされてそれも生地を変えて・・・!
スラリとしたお嬢さんのようですので今の段階でも後姿も素晴らしい。
タンバタンさん母娘の一生の思い出になりそうです。
Commented by タンバタン at 2009-10-23 17:51 x
こればっかりは 失敗できないのです。
キャロコさん こんにちは。
柔らかな生地と硬い生地では 出来上がりが違いますね。
着物の生地はどちらかというと硬いので 大まかな仮縫いはシーチングでして実際きてみたときの細かな訂正は硬い生地で直してみようと思うのです。
どうなりますか 心配でもあるんですよ。
Commented by タンバタン at 2009-10-23 17:54 x
そうですね。一生の思い出になるといいですね。
娘になにもしてあげられない親ですからせめてこれぐらいという気持ちなんですよ。
私はこの娘にどれだけ助けられたかしれません。
ほんの少しのお返しなんですよ。
楽しみながら縫い上げたいものです。
<< 秋の夜長 失敗続きです >>