帯からバック

ゴールデンウェークといっても我が家はお掃除三昧。

日ごろのたたりなのでしょうか?

いい加減な毎日のつけが回ってきたようです。

ほっと一息ついて 丸帯の残りがあったっけ。

いつもの簡単なバックを作ってみました。

裏地はパラシュート地にして やたらポケットをこしらえたのです。

形にしておいたらいつか日の目を浴びる事でしょう。
d0086514_16344477.jpg

d0086514_16342890.jpg

[PR]
by ezo05 | 2010-05-03 16:36 | 洋裁 | Comments(4)
Commented by カズ at 2010-05-04 20:52 x
なかなか忙しい毎日だと片付け等は時間のあるときにと
後回しにしがちですよね。私も同じです。
しかし掃除や整理をやった後の爽快感はいいですね。
私も今日は冬物と春夏物の衣装ケースの入れ替えを
やりました。サッパリした!!
タンバタンさんは思いつくとすぐに出来るタイプなんですね
私は洋裁をやるにも陶芸をやるにもミシン出したり糸通したり
それと後片付けの事を考えると明日にしようか・・との
戦いの毎日です。すぐに出来るのを尊敬してます!!
Commented by キャロコ at 2010-05-05 00:05 x
パラシュート地???
初めて聞きました~
既成のバッグはポケットが小さかったり少なかったりして使いにくいですよね~
その点手作りのバッグは好きな様にできる良さが~
タンバタンさんは魔法の様に作ってしまうのですね!
Commented by タンバタン at 2010-05-05 09:45 x
GWはいかがでしたでしょうか。
カズさんこんにちは。
日ごろ掃除がいい加減なので掃除を中心に過ごした日々でした。
少し時間があるとやはりなにか縫いたくなりますね。病気です。
まだまだ在庫が消化されてませんので、なんとか在庫だけでも作ってしまいたいのです。
京都へ遊びにいったときいろんなデザインの袋や洋服をみてよい刺激になって帰ってきましたよ。
京都には素晴らしい作家さんが多いと見受けられました。
ガスさんの陶器もそろそろUPしてほしいものです。
Commented by タンバタン at 2010-05-05 09:53 x
キャロコさんこんにちは。
今日でGWも終わりですね。
休日なんてすぐ終わってしまいあと倍ほどほしいわ。

掃除をしていたら在庫の山が気になって気になってしかたがなのです。
なんでも作ってしまえと思っただけで 工夫が足りませんね。

大阪のどぶ池筋にはたくさんの生地屋さんが並んでいます。
そんなところでパラシュート地が売られていますよ。
種類はいろいろですがドンゴロスのようなものから合皮のようなものまでさまざまです。
今回は合皮に近く薄い生地を裏地にしてみました。
バックのなかで行方不明にならないようにポケットを多めにつくりました。
<< バック ラグランスリーブコート >>