秋のパンツ

今頃の季節は着るものが難しいですね。

朝はちょっと冷え込むし、昼間はまだまだ夏陽気。

今はきたいパンツを縫ってみました。

以前習った時は そんなものかと思いつつ縫っていたのですが

学校に行きだしてからは、いちいち 「納得」しながら縫っています。

着易さを追求して しかも理に適った方法の縫い方。

今回そんな方法で縫ってみました。

コンシールファスナーで左あき。

これだとぽっこりお腹も目立たないということ。

右だけにポケットをつくりました。ポケットの見返しが面倒だったなぁ。

縫う手順も以前とかえて 今回教えてもらったとおりしてみました。

裏地の付け方もよく計算されているみたい。

やっぱり習ってよかったわ。

d0086514_8115049.jpg

[PR]
by ezo05 | 2010-10-06 08:13 | 洋裁 | Comments(4)
Commented by カズ at 2010-10-08 20:52 x
いつも いつの間に縫っちゃうのと思っているのですが
そんなタンバタンさんでもヤッパリ学校で習うと
新しい縫製の仕方を習得出来たりして
ますます これからの趣味の洋裁も充実
して行きそうですね。
それとストレスももっと解消しやすくなりそうです。
Commented by タンバタン at 2010-10-09 16:56 x
新しい縫製は やはり進歩していますね。
カズさん コメントありがとうございます。
たかがパンツですが 縫う順序から違うのですよ。
目からうろこでした。
早速縫ったものを履いているのですがはきやすさ最高です。
ファスナーのつけかたや 裏地の張り方 芯の張り方等 やはり変化していますね。
昔の縫製では ないようですよ。
ますます 楽しくなってきましたが外勤主婦としては とにかく「時間がない」事が 切実です。私だけ一日30時間ぐらいあったらいいのにね。
Commented by キャロコ at 2010-10-10 23:44 x
私もこの季節は本当に着る物に困ってます~
パンツは何本有ってもいいですもんね!
新しい縫製で着心地が違うんですか?
縫う順序から違う?
???です!


Commented by タンバタン at 2010-10-11 10:52 x
キャロコさん コメントありがとうございます。

今まで私が習ったところと 今回習ったところとでは 縫製の手順が違うんですよ。
また 裏地の製図が違っているんです。
考えてみると裏地の製図の違いははきやすさを追及した工夫が施されているみたいです。
製図の点でも工夫がされているみたいですね。
忘れないうちに覚えようと今 何枚か縫っているところです。
この歳になると 覚える事より忘れるほうが多いので困ってますよ(笑)
祭日の今日も私は出勤なんです。
仕事中に書いています。
早くかえりた~い。
<< 初冬のパンツ レースのインナー >>