和布でチュニック

もう何を縫っていたのか忘れてしまうぐらい時間が経ったような気がします。

3月11日東日本大震災があった日からミシンの前に座る気が起こらず

ただじっとニュースをみたり新聞をみたりの毎日でした。

様子がわかるようになってやっと気が落ち着いたみたいです。

しかし 震災に遭われた方々を思うと心が痛みます。

私に出来る事を精一杯させてもらおうと 今色んな形で応援しています。

 さて和布で縫っているチュニックですが 袖ぐりの始末に入りました。

後は脇縫いとすその始末でおしまいです。

もう少しだなぁ。出来上がりが楽しみです。
d0086514_7274210.jpg

[PR]
by ezo05 | 2011-04-16 07:28 | 洋裁 | Comments(2)
Commented by カズ at 2011-04-16 20:21 x
少しづつ余震が少なくなってますがまだまだ
気持ちの安らぎは来る事はできない状態です。
仙台の桜はこの所の暖かさでほとんど満開です。
でも大好きな桜見物にも行ってません。
どこかで気持ちの切り替えが必要なんですが
余震と福島原発の収束がない限り切り替えは
無理みたいです。
和布のチュニック素材がいいだけに粋に着れそうです。
出来上がりが楽しみですね。
Commented by タンバタン at 2011-04-18 16:02 x
大自然の力は巨大です。しかし原発は人災ですね。
カズさんコメントありがとうございます。
私の実家でも瓦斯がやっととおったみたいですよ。
余震も少しずつ静かになってきていますがまた新たなところで起こっているみたいです。
十分気を付けてくださいね。
さて、この和布ですが前立てをきっちりしようとすると結構手間がかかるものです。
私の場合時間ばかりかかってしまいなかなか進みません。
カメのスピードですが 飽きずに見てくださいね。
<< 気持ちだけが先走り アームカバー >>