介護服

母の介護用服を縫っていますが時間がかかりすぎです。

都はるみの歌で「着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでます~」

というのがありましたがなんだかその心境です。

だいぶ記憶が遠くなった母ですので縫っても着てくれるのかどうか?

私が縫ったということもおそらく解らないでしょう。

縫って喜んでもらいたいという気持ちが湧かずどうしても止まってしまうのです。

でもなんとか縫い上げましたので宅配便で母のところへ送ります。

前あき袖あきにして着せてもらえやすいようにしてみました。

歳を重ねるって悲しいわね。
d0086514_22232526.jpg

d0086514_22235113.jpg

[PR]
by ezo05 | 2013-03-20 22:25 | 洋裁 | Comments(2)
Commented by カズ at 2013-03-21 20:35 x
いつもアッと言う間に縫い上げてしまうタンバタンさんなのに今回は
時間かかりましたね。気持ちわかるような気がします。
私の母の妹さんも今その状態です。私が訪ねて行ってもほとんどわからず表情にも何の変化もないんです。
次の訪問はなかなか気が進みません。

でも同じ施設に入所されている方々や施設の介護士の方たちは
心のこもった贈り物を見てきっと お母さんの事を幸せな方だと
思っている事でしょう。  素敵なプレゼントですね。
Commented by タンバタン at 2013-03-22 09:28 x
親が歳をとり いずれ亡くなることは自然なことなのですけど自分のなかでなかなか受け入れられないでいます。気持ちが幼いのでしょうか。
カズさんコメントありがとうございます。
遠く離れているので 親孝行ができません。これぐらいしかしてあげることがないのです。
毎日穏やかに過ごしてくれることが一番の望みですね。
<< 思案中 舞台衣装 >>