タブレットケース

旦那さまのタブレットケースを縫ってみました。

持ち歩いて楽しんでいるみたいなのでケースがあったら何かと便利でしょう。

シルバーメタリックの合皮と裏は濃紺の綿ニット

多少クッションがあるとタブレットに傷が付きにくいでしょうね。

持ち手は合皮だけでは 柔らかすぎるので紬の残り布バイアスでアクセント

口が開かないようにボタンも付けてみました。

出来上がってみるとなんてことないただの袋です。
d0086514_752185.jpg

d0086514_7524372.jpg

[PR]
by ezo05 | 2013-07-20 07:52 | 洋裁 | Comments(0)
<< 羽織物 綿麻でチュニック >>