羽織物

夏は何を着ても暑い。極力涼しい生地をまといたいものです。

今回 在庫なのですが綿麻でしかも「蚊帳」のような手触りの生地で縫ってみました。

平織りなので胸のところにタックを寄せて変化させ

 丈は膝あたりまで伸ばして羽織物として着ることにします。

汗をかいだ体にまとわりつかず すっきり着ることが出来ます。

夏はやっぱり「麻」に限りますね。
d0086514_7364487.jpg

d0086514_737793.jpg



*****先日7月27日義父が亡くなりました。お通夜、お葬式にたくさんの方々が

お忙しい中 弔問に来てくださりありがとうございました。

天寿全うしたと思います。本当にありがとうございました******
[PR]
by ezo05 | 2013-08-01 07:37 | 洋裁 | Comments(6)
Commented by boumama at 2013-08-01 12:34 x
遅ればせながらご冥福をお祈りします。

暑い日が続きますが根気のいる洋裁仕事は頭が下がる思いです。
私もタンクトップに同じような手持ちですが真っ白の麻のブラウスを羽織る毎日です。
Commented by タンバタン at 2013-08-01 17:49 x
boumamaさん ありがとうございます。
享年91歳といえば歳に不足はないのですが居ると居ないとでは大違いですね。

私も同じようにタンクトップを着て羽織ります。
35度もある毎日にもううんざりです。
Commented by パッサカリア at 2013-08-06 16:33 x
寂しいことでしたね。

齢に不足はない?っと人は簡単にいいますが、それは他人がいい加減に言う言葉です。親であれば、家族であれば、いくつであっても長生きしてほしいです。お寂しいことでしょうね。
ご冥福をお祈りします。
Commented by タンバタン at 2013-08-06 17:12 x

バッサカリアさんコメントありがとうございます。
ゆっくり感傷に浸る間もなく次々と処理しなければならないことがあるものですね。
仕事も休めなくて雑用も結構あるものなんですね。
四十九日が過ぎるまではなんだか実感がありません。
順番ですので仕方のないことですね。
ありがとうございます。
Commented by カズ at 2013-08-06 21:02 x
両親がだんだん少なくなるのは寂しいものですね。
同年代の友だちでいまだに健在だと聞くと羨ましくなります。
お葬式終了後も何かとやらなければいけないことが山ほど
ありますので頑張って下さい。

大阪毎日暑そうですね。涼しいものを着たり オシャレすると
少しは気分も違うと思います。 仙台は昨夜この夏初めて
チョットだけ寝苦しい夜でした。七夕始まりましたよ!!
Commented by タンバタン at 2013-08-08 17:09 x
カズさんコメントありがとうございます。
お葬式の後の方が忙しいものですね。
毎日仕事をしているので寂しいことはないのですが居ると居ないとでは違いますね。

大阪の暑さは尋常ではありません。是非一度大阪の暑さを味わいに来てみませんか。

七夕の画像楽しみにしています。
<< オーガンジーの袋物 羽織物 >>