別れ

11月16日母が亡くなりました。

危篤の知らせが届いたのですがすぐ行けず、死に目には逢えないまま

別れることになりました。

10日前 帰省した時これが最後と母もわかっていたと思います。

孝行もできず 申し訳なく思っています。

しかし 弟の家族と一緒に暮せたことが一番の幸せだったようです。

お通夜、本葬と母のことを心から愛してくださった方々が大勢来てくださり

母の人徳を感じました。

本当にみなさまありがとうございました。
[PR]
by ezo05 | 2013-11-19 23:17 | その他 | Comments(4)
Commented by パッサカリア at 2013-11-23 11:40 x
こんにちは。
タンバタンさんの「帰省」の欄を読まさせていただいて、なんてコメントを入れればよいのか・・・と躊躇しておりました。
私も高齢の母を持つ身、寂しい気持ちがヒシヒシと伝わってきます。
どんな言葉を書き込んでも、タンバタンさんの辛い気持ちを慰めることは出来ません。
どうぞ一日も早く元気をとりもどされますように、祈っています。

タンバタンさんが今までお母さまに仕立てられてきたお洋服の数々、親孝行の証ですね。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by カズ at 2013-11-23 16:30 x
亡くなるのはどなたでも悲しいものですが
特に両親となるといろいろな事が考えさせられますね。
1週間たち少しは落ち着いたころでしょうか。
これからも何かと寂しくなる時が来ると思いますが
お母様は優しいお子さんたちに恵まれきっと
幸せな人生だったと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by タンバタン at 2013-11-25 07:35 x
バッサカリアさん 優しいお言葉で¥が心にしみてきます。

なんだか心に穴があいたような気持ちですね。
母が幸せだったことが何よりです。
いろいろな場面で声を掛けてくれた母の言葉を思い出しながら進んでいきたいものです。
ありがとうございます。
Commented by タンバタン at 2013-11-25 07:42 x
カズさんありがとうございます。
仙台は暖かく 人の心も温かく感じました。
優しい弟家族に囲まれて幸せに暮らしていた様子がよくよくわかり安心しました。
きっと喜んでいたことでしょう。
皆さんの優しい言葉が身にしみます。
なにもできない私なのにこうも皆さんから心を頂いてありがたいです。
これからもしっかり前を向いていこうと思います。
本当にありがとうございます。
<< 和布のコート 帰省 >>