読書

パソコンをするようになって13年になります。(未だによくわからないのですが)
漢字が書けなくなってきたように思うのです。
手で文字を書くことが非常に少なくなりました。
実は美しい文字が書けないのでパソコンで印字して恥を書かないようにと考えて始めたのですが、結果はやはり自分に返ってきたようです。漢字をかなり忘れてきています。子供と話をしているときも「それ、漢字でどう書くの?」とお互い言いながら辞書を引くようにしているのですが、情けないくらい忘れているのですね。歳のせい・・・・?
さて、今、藤沢周平氏の「春秋山伏記}を読んでいます。面白くて止まらないのです。ついつい遅くまで読んでいるのですが、翌日出勤ですのでせいぜい午前1時くらいまででしょうか。
ですから、洋裁の手は完全に止まった状態です。
読み終わり次第、洋裁開始です。
[PR]
by ezo05 | 2006-12-17 08:00 | その他 | Comments(0)
<< 親の責任? うれしいプレゼント >>