親の責任?

仕事で毎日近くの銀行へ行きます。昨日までなかったのですが、何点か豪華景品が並んでいるのです。行員さんに聞いてみると○万円定期にするとどれかひとつ景品がいただけるというのです。「いかがですかおひとつ定期になさってみては?」というのです。「普通預金に○万円もあらへんねん」ということで残念な気分で帰ってきたのです。
娘にそのことを話すと「あらそう~お~。○万円でいいの~?」というのです。
そして午後から○万円もって銀行へ。帰りは豪華景品を2つもいただいてきたのです。一つは娘のですが、もう一つはもうひとりの娘にプレゼントしたのです。結局私には回ってきませんでした。
子供の喜ぶ顔をみせてもらったから、まぁ~いいかぁ~。
ところで娘はどうして○万円も手元にあったのでしょうか。不思議です。
よ~く聞いてみると単に「銀行で預金する手続き、知らなかったのよ」というのです。
あぁ~ナサケナ~。
そういえば預金の仕方教えていなかったなぁ~。私の責任だ~こりゃ。
そして、これが豪華景品(ネイルブラシセットと化粧用ブラシセット)です。
d0086514_8155930.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-12-18 08:16 | その他 | Comments(0)
<< ピンクのベスト 読書 >>