赤いブラウス 途中経過

コットンサテンの赤いブラウスを縫っています。
なかなか進みませんが、楽しいのです。
 
ボタンホールをどうしようか 考えたあげく 玉縁穴に 決定。(めんどくさ~い)
 
手持ちの家庭用ミシンは 25年も前のものなので 綺麗に穴がかがれません。職業用ミシンは直線縫いだけなので 無理。
新しいミシンを購入しようか せんど考えたのですが もったいない。
そこで 玉縁穴に なったという訳です。どうしても ボタンホールが必要なときは 外注という手もありますものね。そっちのほうが よっぽどきれいでしょう。

横2.5センチ 縦0.5センチの玉縁穴ですが、どうして 私の指はこんなに太いのでしょう。
作業しにくいこと 甚だしい。
 
たった4箇所の玉縁穴ですが 勉強になりました。
d0086514_855978.jpg

[PR]
by ezo05 | 2007-09-01 08:57 | 洋裁 | Comments(2)
Commented by at 2007-09-01 21:39 x
玉縁穴!作業工程を考えただけで気が遠くなりそうです。
とても仕事が丁寧で少しづつ出来上がる様子を見るのが楽しみです。
あと袖と衿ですね。テーラーカラーも難しそうですね。
Commented by タンバタン at 2007-09-02 11:16 x
凛さん コメントありがとうございます。
玉縁穴は 工程が面倒ですね。 私のミシンが綺麗にボタンホールできないのです。古いふるいミシンなものですから。それが幸いして?玉縁穴になったわけです。なんでも勉強と思えば苦になりませんね。がんばります。
もうすぐ できあがりですので私も楽しみなんですよ。
<< 赤いブラウス 出来上がり 赤いブラウス途中経過 >>