柳橋物語

山本周五郎の「柳橋物語」を読んでます。

 この主人公「おせんちゃん」のような古風な人間は、今の日本にはいないでしょう。

しかし、引き込まれるように最後まで 読んでしまいました
途中 読むのが つらくなるほど切ない場面がありましたが、生きていればこそ味わえるものもありますね。

「金があって好き勝手な暮しができたとしても、それで仕合せとはきまらないものだ、人間はどっちにしても苦労するようにできているんだから」
 と いう一説がありますが、本当にそのとおりだとこの歳になるとわかります。

苦労も 楽しんでしまえば苦労でもないもんですがね。


気がつくと 夜中の2時を過ぎていて 明日は出勤なんだと あわてて布団にはいりました。
[PR]
by ezo05 | 2007-10-14 12:17 | その他 | Comments(4)
Commented by シバ at 2007-10-14 21:33 x
秋の夜長、「山本周五郎」もよさそうですね。
私は今、皇后様のデザイナ-であった植田いつ子さんの「装いかた上手」という本を図書館で見つけて読み始めています。装いはその人の生き方の反映である・・・・と。なるほどなるほどっと感心して読んでいます。

Commented by タンバタン at 2007-10-15 10:20 x
シバさん お久しぶりですね。
皇后様は リメイクして何度でも着られる方と 伺っております。
やはり すばらしい方ですね。
私も植田いつ子さんの本は 読んだことあります。
専門家らしい視点で 書かれてありますので 普段気が付かない点が興味をそそりますね。
山本周五郎の作品は女性の心情をうまく 書いてありますので遅くまで読んでしまいます。
いささか時代錯誤の面もありますが。
Commented by yoko at 2007-10-18 08:36 x
お久しぶりです。
最近すっかり本を読まなくなってしまって、毎日活字ばなれ&忘れが進んでいるyokoです。

「人間は一生に一度は苦労する」と聞いたことがあります。
その苦労するのは何時なのか。辛いことがあると「今が一生に一度の苦労する時だ」と思うようにしています。
そう思うようにすることで、そんなに辛く思わなくなるんですよ不思議と。

先日、「人間ドック」受けてきました。
結果がでるのは2週間後なんですが、気にかけていた事が1つ終って少しすっきりしました。
Commented by タンバタン at 2007-10-18 10:23 x
人間ドック必要ですね。いつも元気だと思って暮らしているのですが、やはり検査は体の節目です。
yokoさん お久しぶりですね。
私も活字を読むことが少なくなってきましたよ。パソコンしていると漢字も忘れるし、書けなくなってきました。なのについ便利な方へと 手が行きますね。反省です。
<< 北海道物産展 ドルマンスリーブ >>