二部式着物

長い間箪笥に眠っていた小紋。

なんとか普段着にならないものかと考えていました。

そこで二部式の着物にしてみたら!なんて思ったんです。

ロングスカート部分と上着の部分にして脇で大きなリボンにしてみました。

伊達衿は着物と一対にして簡単に着ることが出来るように 

とにかく「簡単に着る」を第一目標にして作ってみました。

また 伊達衿の交換もワンタッチで取り替えられるように工夫してみました。

この着物袷なのです。

元禄袖にするには チト面倒なのでこのままの袖でしばらく着ることにしましょう。

もう少し歳を重ねたら 元禄袖に直す予定です。
d0086514_773674.jpg

[PR]
by ezo05 | 2008-09-08 07:16 | 洋裁 | Comments(2)
Commented by のん at 2008-09-09 23:08 x
こんばんは♪
眠っていた着物が秋冬の衣装に生まれ変わって、これを着ると楽しくて暖かい日々を過ごせそうですね!
こういうのもミシンで縫うんでしょうか・・??
何でも出来てしまうんですね~!尊敬です!

あ、イカ焼きって阪神のデパ地下で買う物って思ってましたが・・笑
なんとも美味しそうにおうちで出来るんですね~!
Commented by タンバタン at 2008-09-10 10:52 x
のんさん こんにちは。
コメントありがとうございます。
やはり着物ですから見えるところは手縫いにして ウエストの紐などはミシンを使いました。
いか焼きは 家で焼いたほうが美味しいように思います。
卵も具もたっぷり入れられますものね。
試してみてください。
私のお友達は要らなくなったアイロンで上から押さえるといってましたよ。
なるほど!と思いましたね。
いらなくなったら捨てないで利用する気持ちも大切だと思いましたよ。
<< ファッションショー 二部式着物 >>