カテゴリ:洋裁( 743 )

帯でつくる上着

休日を利用して上着を仕上げてしまいました。
思ったより作成時間がかかったようです。軽くていい感じですが、もう少し涼しくなってから着ることにしましょう。

         ↓ 元の帯 丁寧に洗ってアイロンをあてたもの
d0086514_12323165.jpg

           ↓ デジカメで撮影していると
             「アングルがよくないぁ~」と夫が言い出した。
              夫の意見を尊重して彼が撮影した物を載せるタンバタンです。
              いつものアングルより良いようだ
              (この辺が夫婦長く付き合える秘訣かなぁ~)
d0086514_923679.jpg

            ↓ これも夫が撮影したものです。(夫をたてる ええ妻)
d0086514_943881.jpg

           ↓ 左後ろ身頃だけ飾りを付けました
d0086514_1240366.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-10-01 09:05 | 洋裁 | Comments(5)

布ぞうり 初めての体験

最近、「布ぞうり」というのをよく耳にするのです。ネットで検索してみると履きやすそうなものがたくさん映っていました。タンバタンも欲しくなったのです。
私にも作れそうだ!!(好奇心の強さがでている)
早速1つ作ってみる事にしたのです。

用意したもの・・・・・・布(5~6cm幅に切ったもの数本)   PPロープ(2メートルにカット)
             鼻緒(中にはppロープ3本入っている)   洗濯はさみ(1本)
             吸盤(3つ) 鼻緒を止めるバイヤス布

        ↓ 作った過程------吸盤3つにPPロープを渡し、先は手元に置く
          手元のPPロープを洗濯はさみで止めておく
d0086514_9371649.jpg

        ↓ 手元のPPロープに布端を巻きつけていきます。こんな具合かなぁ~
          タンバタンの右足が映っていて非常に恥ずかしい
d0086514_93759100.jpg


        ↓ だんだん形になってきたようです (にんまりしているタンバタンです)
         編み始まってから15cmぐらいのところに鼻緒を入れる。
         抜けてこないようにしっかり縫い綴じておく
d0086514_9311194.jpg

        ↓ 完成が近い 鼻緒をバイヤス布でしっかり止め裏へ回して処理
d0086514_9382252.jpg

        ↓  布の始末とロープの処理
           布は裏へ返して編み目にはさんでおく
           PPロープはぞうりの形が整うように引っ張ってから裏へ回して結びつける
           片方完成
d0086514_939110.jpg

        ↓ 両方完成  同じ形にするのがなかなか難しい
          初めてにしては良い出来かなぁ~自画自賛するタンバタンです
d0086514_9395067.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-30 10:09 | 洋裁 | Comments(2)

アンパンマンのマント

息子が3歳の時、テレビで観る「アンパンマン」が大好きでした。どんなに泣きじゃくっていてもテーマソングがなりだすと ぴたりと泣き止むのでした。どこへいっても「アンパンマン」が目につくらしいのです。そこで「アンパンマン」の登場人物(人物?)を刺繍したマントを作ったのです。それはそれは喜んで片時も離さずマントを身につけていてくれました。これは小学校へ上がるまで、毎日のように使いました。今となってはとても良い思い出です。
息子よありがとう!

↓息子の大好きな「アンパンマン マント」前
d0086514_11574832.jpg


↓息子の大好きな「アンパンマン マント」裏側
d0086514_100213.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-29 09:54 | 洋裁 | Comments(0)

ご注文の手提げ袋

手提げ袋のご注文を頂きました。
寸法のご指定がありましたので、忠実につくってみました。
画像の左側は見えにくいのですがゴールドラメがはいった生地です。裏は黒のオーガンジーを張りました。右側はビニールコーティングしてある生地ですので、裏ナシです。ポイントにテープをたたいてみました。4センチメートルのマチもつけてあります。
雨の日も活躍しそうな手提げ袋です。
d0086514_13423085.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-28 13:46 | 洋裁 | Comments(1)

帯でつくる上着 

帯で作る上着の途中経過です。
昨夜は身頃に裏を付けただけでした。ほんの30分ぐらいしか時間がなかったので、身頃だけにしました。
本日はお袖に裏をつけたいと思っています。この上着残り布が全くない状態ですので、ポケットもありません。帯の用尺だと洋服つくるのがギリギリなのかしら。それとも帯の種類にもよるのかしら。
帯を使っての洋服作りは初めてですので試行錯誤しながら取り組んでおります。(この辺が洋裁の面白いところかなぁ)
            ↓もとの帯 (丁寧に洗って裏からアイロンをあてたところ)
d0086514_16441811.jpg

d0086514_9444560.jpg

とにかくいろんな事にチャレンジしたいタンバタンです。

画像の左側は裏地(着物の胴裏)にお袖の型紙を合わせたところ。
右側はお袖をひっくりかえして、芯を張ったことろです。
身頃と裏地の色ですが、いつもなら同じ系統の色を使い統一するのですがあえて目立つ色の裏地をもってきました。お袖をまくった時エンジの裏地が見えるってちょっといいじゃない~。
[PR]
by ezo05 | 2006-09-27 09:52 | 洋裁 | Comments(0)

大きなポケットのスカート

朝夕涼しくて、昼間は真夏のような暑さが続きます。この温度差 何を着て出勤したらいいのか迷います。
画像のスカート 綿なのですが、ウェストから8センチメートル下がったところから別布で切り替えをいれました。別布は綿ジャージにしてあります。またウェストは両脇ゴムをいれました。そしてポケットは前身頃 左右と後ろ身頃 左右同じ大きさになっていてポケットの真ん中には、ボタンがついてあります。もちろんポケット側にボタンホールも付けました。
楽な服ばかりきているので、ウェストが急成長です。
d0086514_1063147.jpg
 
[PR]
by ezo05 | 2006-09-26 10:08 | 洋裁 | Comments(0)

ボタンホール 玉縁穴

帯でつくる上着がなかなか進まない。
初めにボタンホールの作成からです。玉縁穴にしたいので布の端切れを利用したのですが、若干大きかったような気がします。残り布がほとんどない状態ですので見返しは黒の帯を使うことにし裏地は着物の胴ウラ(エンジ)にしたのです。今日はボタンホール作成でおしまいです。
        ↓もとの帯 (丁寧に洗って裏からアイロンをあてたところです)
d0086514_16441811.jpg

        ↓身頃に裏を付け終えました
d0086514_8502776.jpg
d0086514_8503882.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-25 08:53 | 洋裁 | Comments(2)

帯でつくったチョットバック

帯の余り布があったので、バックをつくってみました。口はファスナーで開閉です。外側にポケットを2つつけてあります。ハンカチと携帯電話の定位置。
持ち手をどうしようと考えていたところ、ラッキーにも同じ柿色の夏用帯締めがあり丸々1本使いました。
d0086514_1151733.jpg
d0086514_11511561.jpg
d0086514_11512630.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-22 11:55 | 洋裁 | Comments(2)

和布ワンピース

ワンピースはあまり好んで着なかったのですが、最近通勤に何を着たら良いのか考えなくてすむ服は・・・・・・・?「ワンピース」ということに気がついたのです。そこで和布のワンピースを縫い上げました。着物として着ると相当派手なまた粋な着物です。洋服にしてしますと派手なことありませんね。(気のせい?)
前にコンシールファスナーをつけてみました。とっても「楽々」
d0086514_11261989.jpg
d0086514_11263040.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-21 09:59 | 洋裁 | Comments(0)

小紋のセパレーツ

d0086514_1483132.jpg
この夏出番の多かった洋服。
小紋のスカートと揃いのタンクトップです。正絹の小紋は軽さが魅力ですね。タンクトップの上にはレースのカーディガンを羽織って着ることが多かったのです。(だって二の腕が立派ですので)
このピンクの小紋は、着物としては派手ですのでもう着られません。しかし洋服にすると大活躍するのです。着物の文化って、本当に素晴らしいですね。軽くてドレープが美しい正絹をこよなく愛するタンバタンです。
[PR]
by ezo05 | 2006-09-19 14:10 | 洋裁 | Comments(0)