<   2006年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

布ぞうり 初めての体験

最近、「布ぞうり」というのをよく耳にするのです。ネットで検索してみると履きやすそうなものがたくさん映っていました。タンバタンも欲しくなったのです。
私にも作れそうだ!!(好奇心の強さがでている)
早速1つ作ってみる事にしたのです。

用意したもの・・・・・・布(5~6cm幅に切ったもの数本)   PPロープ(2メートルにカット)
             鼻緒(中にはppロープ3本入っている)   洗濯はさみ(1本)
             吸盤(3つ) 鼻緒を止めるバイヤス布

        ↓ 作った過程------吸盤3つにPPロープを渡し、先は手元に置く
          手元のPPロープを洗濯はさみで止めておく
d0086514_9371649.jpg

        ↓ 手元のPPロープに布端を巻きつけていきます。こんな具合かなぁ~
          タンバタンの右足が映っていて非常に恥ずかしい
d0086514_93759100.jpg


        ↓ だんだん形になってきたようです (にんまりしているタンバタンです)
         編み始まってから15cmぐらいのところに鼻緒を入れる。
         抜けてこないようにしっかり縫い綴じておく
d0086514_9311194.jpg

        ↓ 完成が近い 鼻緒をバイヤス布でしっかり止め裏へ回して処理
d0086514_9382252.jpg

        ↓  布の始末とロープの処理
           布は裏へ返して編み目にはさんでおく
           PPロープはぞうりの形が整うように引っ張ってから裏へ回して結びつける
           片方完成
d0086514_939110.jpg

        ↓ 両方完成  同じ形にするのがなかなか難しい
          初めてにしては良い出来かなぁ~自画自賛するタンバタンです
d0086514_9395067.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-30 10:09 | 洋裁 | Comments(2)

アンパンマンのマント

息子が3歳の時、テレビで観る「アンパンマン」が大好きでした。どんなに泣きじゃくっていてもテーマソングがなりだすと ぴたりと泣き止むのでした。どこへいっても「アンパンマン」が目につくらしいのです。そこで「アンパンマン」の登場人物(人物?)を刺繍したマントを作ったのです。それはそれは喜んで片時も離さずマントを身につけていてくれました。これは小学校へ上がるまで、毎日のように使いました。今となってはとても良い思い出です。
息子よありがとう!

↓息子の大好きな「アンパンマン マント」前
d0086514_11574832.jpg


↓息子の大好きな「アンパンマン マント」裏側
d0086514_100213.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-29 09:54 | 洋裁 | Comments(0)

ご注文の手提げ袋

手提げ袋のご注文を頂きました。
寸法のご指定がありましたので、忠実につくってみました。
画像の左側は見えにくいのですがゴールドラメがはいった生地です。裏は黒のオーガンジーを張りました。右側はビニールコーティングしてある生地ですので、裏ナシです。ポイントにテープをたたいてみました。4センチメートルのマチもつけてあります。
雨の日も活躍しそうな手提げ袋です。
d0086514_13423085.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-28 13:46 | 洋裁 | Comments(1)

息子のお弁当

家族5人のお弁当を毎朝作っています。当たり前のことのように思いがちですが、家族のお弁当を毎日作れる幸せをも味わっています。家族がいるって本当に幸せですね。
ところが5人分となると昨日の残りという訳にはいきません。朝から本腰を入れて作ります。
今日は息子のお弁当をご披露しましょう。
息子は「学食は安くていいけど、うまないねん!お弁当にしてなぁ~」といいます。大半お世辞なのですが、私を喜ばせてくれます。ついついリキいれて作ってしまうのです。
本日のご飯は5分づきに精米しました。少しでも栄養価の良いものをと思います。
d0086514_1320736.jpg

人参の細切りを牛肉で巻き、たれ(チキンスープに醤油、ごま油、白ネギの刻んだもの、ゴマ、豆板醤、にんにく、しょうが、塩、粗引き胡椒)で絡めたもの。甘とうを炒めて、だし醤油と鰹節を混ぜたもの。甘塩のしゃけ(焼いただけ)、明太子を焼いたもの、もやしのおひたし、みじん切りのネギがはいった厚焼きたまご、ザーサイ、レタス以上です。
今日も残さず食べてくれるかなぁ。帰ってきてお弁当を洗うのが楽しみです。
[PR]
by ezo05 | 2006-09-28 13:37 | 料理 | Comments(0)

帯でつくる上着 

帯で作る上着の途中経過です。
昨夜は身頃に裏を付けただけでした。ほんの30分ぐらいしか時間がなかったので、身頃だけにしました。
本日はお袖に裏をつけたいと思っています。この上着残り布が全くない状態ですので、ポケットもありません。帯の用尺だと洋服つくるのがギリギリなのかしら。それとも帯の種類にもよるのかしら。
帯を使っての洋服作りは初めてですので試行錯誤しながら取り組んでおります。(この辺が洋裁の面白いところかなぁ)
            ↓もとの帯 (丁寧に洗って裏からアイロンをあてたところ)
d0086514_16441811.jpg

d0086514_9444560.jpg

とにかくいろんな事にチャレンジしたいタンバタンです。

画像の左側は裏地(着物の胴裏)にお袖の型紙を合わせたところ。
右側はお袖をひっくりかえして、芯を張ったことろです。
身頃と裏地の色ですが、いつもなら同じ系統の色を使い統一するのですがあえて目立つ色の裏地をもってきました。お袖をまくった時エンジの裏地が見えるってちょっといいじゃない~。
[PR]
by ezo05 | 2006-09-27 09:52 | 洋裁 | Comments(0)

大きなポケットのスカート

朝夕涼しくて、昼間は真夏のような暑さが続きます。この温度差 何を着て出勤したらいいのか迷います。
画像のスカート 綿なのですが、ウェストから8センチメートル下がったところから別布で切り替えをいれました。別布は綿ジャージにしてあります。またウェストは両脇ゴムをいれました。そしてポケットは前身頃 左右と後ろ身頃 左右同じ大きさになっていてポケットの真ん中には、ボタンがついてあります。もちろんポケット側にボタンホールも付けました。
楽な服ばかりきているので、ウェストが急成長です。
d0086514_1063147.jpg
 
[PR]
by ezo05 | 2006-09-26 10:08 | 洋裁 | Comments(0)

ボタンホール 玉縁穴

帯でつくる上着がなかなか進まない。
初めにボタンホールの作成からです。玉縁穴にしたいので布の端切れを利用したのですが、若干大きかったような気がします。残り布がほとんどない状態ですので見返しは黒の帯を使うことにし裏地は着物の胴ウラ(エンジ)にしたのです。今日はボタンホール作成でおしまいです。
        ↓もとの帯 (丁寧に洗って裏からアイロンをあてたところです)
d0086514_16441811.jpg

        ↓身頃に裏を付け終えました
d0086514_8502776.jpg
d0086514_8503882.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-25 08:53 | 洋裁 | Comments(2)

かってに模様 毛糸の靴下

台風が近づいているのでしょう。
 風が強く朝早く目を覚ましました。
こんな時は朝からドタバタせずに静かに編み物でもしましょう。
以前面白い毛糸を見つけました。「かってに模様」と書いてあるのです。どういうことだろうと少し購入してみました。ネットで公開しているウェンディーさんの編み方が一番気にいっていますので、早速編んでみました。つま先から足首にかけて編みます。なるほど素編みなのにかってに模様が出来てくるのです。3号の4本棒針で編んでいるのですが、スルスル編めて面白いように出来上がりました
d0086514_12571698.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-23 12:59 | 編み物 | Comments(0)

帯でつくったチョットバック

帯の余り布があったので、バックをつくってみました。口はファスナーで開閉です。外側にポケットを2つつけてあります。ハンカチと携帯電話の定位置。
持ち手をどうしようと考えていたところ、ラッキーにも同じ柿色の夏用帯締めがあり丸々1本使いました。
d0086514_1151733.jpg
d0086514_11511561.jpg
d0086514_11512630.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-22 11:55 | 洋裁 | Comments(2)

きりこみ

「きりこみ」・・・・日本刀を振りかざし、憎い相手にあだ討ちをすることではないのです。
私のふるさとでは一般的にいかの塩辛のことを「きりこみ」といっていました。
あぁなつかしい~。
非常に鮮度の良いいかが手に入ったので早速、きりこみをつくりました。いかのわたをベースにしてつくります。味噌、日本酒、薄口醤油、それにいかのわた。最高のおいしさは、作ってすぐいただくことです。市販の塩辛は作って時間がたっていますので、味がしみ過ぎてて好みではありません。
今は亡き、実家の父に教えてもらった一品です。父は本当に料理がうまかったのです。
d0086514_10231897.jpg

[PR]
by ezo05 | 2006-09-22 10:24 | 料理 | Comments(0)