<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ドルマンスリーブのジャケット

だんだん形になってきました。

ドルマンの場合脇のマチがポイントになるのです。

これが予定通りにはなかなか行かず てこずっているのです。

2回やり直ししてなんとかできました。

あとは すそと袖口の始末。

裏の釦穴の始末。

もうすぐ出来上がるなぁ、 楽しみ。
d0086514_21171062.jpg

[PR]
by ezo05 | 2011-07-28 21:17 | 洋裁 | Comments(2)

紬のショルダーバック

以前 コートの裏に利用したピンクの紬が少し残っていました。

洋服にするほど用尺がないのでショルダーバックを作る事に。

先日 職場の前で素敵なショルダーバックを下げていた方がいらしたのです。

つい 見とれてしまい欲しくなったという訳。

バックの形より肩から下げるところのベルトが太くて印象的でした。

これだと肩に食い込んで痛むことはないようですね。

ファスナーで開けるようにして内側はポケットをたくさんつくり 

行方不明になりやすい家のカギや小銭入れがすぐ取り出せるようにしてみました。

     (普段 家の前でバックの中をゴソゴソ探しているのです)

d0086514_19435081.jpg

d0086514_19444048.jpg

[PR]
by ezo05 | 2011-07-24 19:49 | 洋裁 | Comments(0)

和田はつ子著

和田はつ子氏の本を何冊か買ってみました。

立ち寄った本屋さんが推薦するこの時代小説。

なんだか面白そうなので読んでみることにしました。

料理人季蔵捕物控と副題が書いてありましたが有り得ない話なので面白そう

高田郁氏の「八朔の雪」「花散らしの雨」「「想い雲」「今朝の春」「小夜のしぐれ」を

一気に読んでしまいました。

和田はつ子氏の本は初めてなのでなんだかとっても楽しみです。

気楽に読める本が一番ですね。
d0086514_16282046.jpg

[PR]
by ezo05 | 2011-07-18 16:29 | その他 | Comments(0)

大豆ハンバーグ

毎朝 5人分のお弁当を作ってます。
家族のお弁当を作れるって本当に幸せなことですね。
今朝は昨夜から水につけておいた大豆を炊いて ミキサーで粉砕。
大豆のハンバーグを作ってみました。
これだけだと歯ごたえがないのでクルミを刻んで混ぜ込み。
残った大豆は小分けして冷凍保存。
健康管理は毎日の食事から  大豆はだいず(大事)ですね。
d0086514_8203816.jpg

[PR]
by ezo05 | 2011-07-16 08:21 | 料理 | Comments(2)

ドルマンスリーブのジャケット

なんだか久しぶりに洋裁する感じ。

ドルマンスリーブのジャケットを製作中でした。忘れてました。

見返しと裏地を張り合わせ 衿つけ

釦ホールは玉縁穴にして 今回は衿と身ごろの境にも1つ

もう少しで出来上がるかなぁ。

出来たとしても着るのは秋口ですものね。ちょっと残念です。

              ↓ 第一釦 穴を開けてるの解ります?
d0086514_2232516.jpg

d0086514_22323439.jpg

[PR]
by ezo05 | 2011-07-10 22:33 | 洋裁 | Comments(2)

寄る年波には勝てない

この2年間で仕事の内容が随分変わりました。

不況なのでしょうね。この歳にも関わらず過酷な労働の毎日です。

とは言うものの ちょっと楽しんで仕事をしています。

しかし 寄る年波には勝てないのか膝から下がよく冷えるのです。

クーラーは利いてて気持ちが良いのですが夕方になると体が冷え切ってしまうのでしょうね。

冬も大変でしたが夏の冷えは応えます。

そんなこんなでこんなものを買ってしまいました。

「スチームフットスパ」

簡単に言えば 「足湯」ですね。

清潔でしかも手間いらずなところが気に入ってしまいました。

これから毎日これを使って 若返るぞ~
d0086514_23144643.jpg

             ↓ 開いてみたところ
d0086514_23151192.jpg

[PR]
by ezo05 | 2011-07-07 23:18 | その他 | Comments(0)

帰省

7月1日2日と ちょっとハードでしたが帰省してきました。

お天気も上々 申し分の無い良い空で 無くなった父も喜んでくれているのかなぁ・・・・・

なんて考えてしまいました。

家で待っていてくれた母も元気そうで なによりでした。

なんと言っても 子供(私と姉)の帰りを首を長くして待っていてくれたことが感謝でいっぱいです。

幾つになっても私たちの事を案じてくれている姿には頭が下がりっぱなしです。

元気で長生きしてほしいと願いながら仙台を後にしました。
[PR]
by ezo05 | 2011-07-05 23:30 | その他 | Comments(2)