エスカルゴ風

我が家で定評のある料理のひとつをご紹介しましょう。
「エスカルゴ」が大好きな家族。
全員で「エスカルゴ」を外食するとエンゲル係数が一発で上がります。
そこでタンバタン、考えました。
「さざえ」で代用できないものかと。小さな「さざえ」が丁度「エスカルゴ」に近い大きさなのです。
オリーブ油、おろしたにんにく。バター、パセリ。
それに塩 コショウ、バジルたっぷりです。本当に「エスカルゴ」になっちゃいます。

d0086514_6581882.jpg

[PR]
# by ezo05 | 2006-11-01 06:59 | 料理 | Comments(2)

ウールのヒラヒラスカート

オレンジ色のスカートを作ってみました。
デザインは百貨店に展示してあるのを参考にしたのです。
裾がヒラヒラして面白いのです。
普通のタイトスカートのようですがこれだと自転車に乗っても楽なのです。
d0086514_715623.jpg

d0086514_72229.jpg

[PR]
# by ezo05 | 2006-10-31 07:05 | 洋裁 | Comments(3)

マドレーヌ

「マドレーヌ」のご注文いただきました。
お供えにするそうです。自分が作った「マドレーヌ」をお供えしていただけるなんて
とってもうれしいのです。
一生懸命作りましたので明日お届けの予定です。我が家で食する分も少し作りました。
秋はどうしても食べる事に力が入ります。なにを食べてもおいしくて困りますね。

d0086514_720514.jpg
d0086514_7201930.jpg

[PR]
# by ezo05 | 2006-10-30 07:21 | 料理 | Comments(1)

金糸で編み物

ちょっとだけ肩にかけるものを編んでみました。
かぎ編みです。くさり編みの連続ですのですぐ出来上がります。
ワンピース等の時、使いたいのです。
画像はシルバーのように見えますが、実はゴールドの糸なのです。
蛍光灯の明かりで写したので色が上手く出ませんでした。
d0086514_8122882.jpg

d0086514_8135985.jpg

[PR]
# by ezo05 | 2006-10-29 08:20 | 編み物 | Comments(2)

和服から作る「フード付コート」

とてもお世話になっている方へプレゼントに「フード付コート」を作らせていただいたのです。
下手は下手なりの出来ですが、心をこめて作りました。
表は「お召」、裏は「銘仙」です。これだととちらも正絹ですので、軽くて暖かく重宝していただけるのではないかしら。両脇にポケットもついています。
「銘仙」の色合いがとても美しいものですね。今では製造していないので貴重なものになってしまいました。
d0086514_9455522.jpg
d0086514_9461646.jpg

[PR]
# by ezo05 | 2006-10-28 09:47 | 洋裁 | Comments(0)

ランチョンマット

d0086514_8153469.jpg

「ランチョンマット」毎日使っているのですが、洗濯回数がやたら多いのです。
ですから、すぐ色あせてきたり、布が薄れたりしてきます。
今回とても安い値段で出来てしまいました。コットン100%です。
いつも以上にうれしいのです。
そんな他愛ない事も幸せな気持ちになってきます。
毎日の単調な台所作業も新しい器ひとつ、またはフライパンひとつ増えただけで俄然やる気が出てくるのはタンバタンだけでしょうか。(タンバタンは単純なのです)
食事を取る時、楽しくなるような「ランチョンマット」明るい色が良いですね。
いろんなタイプを作って毎回選んで使いたいですね。
[PR]
# by ezo05 | 2006-10-27 08:18 | 洋裁 | Comments(2)

栗ぜんざいとおはぎ

「久しぶりにぜんざいが食べたいね」と家族の声が聞こえました。
出勤前にあずきを炊いておき,もち米はいただきものがあったので5合洗っておいたのです。
夕食の準備と平行してもちつき機で「ひたす」「むす」「つく」をして食事が終わったころ、おもちができあがる予定でした。
ところが肝心の「つく」になると「もちつき機」がピクリとも動かないのです。
再度スイッチをいれるのですが、動きません。何度かためしたのですが、駄目。
諦めて「おはぎ」に。
今回、ぜんざいのおもちは市販のおもちになってしまいました。
まぁ~食べたらいっしょかなぁ~   「栗ぜんざいとおはぎ」でした。
d0086514_612504.jpg

d0086514_613999.jpg

[PR]
# by ezo05 | 2006-10-26 06:16 | 料理 | Comments(4)

ウールのブレザー

着て歩くには少し早いのですが、半コート代わりにもなるブレザーを縫って見ました。
素材はウールです。
着丈を心持ち長くして流行に左右されない形にしたのです。
これだと歳を重ねても着ることできるでしょうから。
今はウェストをしぼった形が主流になっていますが、あえて逆らって見ました。
我ながらへそ曲がりです。
d0086514_6293261.jpg

格子を合わせるのはもうコリゴリです。本当にシンドイ。次は無地で作ってみようと思っています。いつ出来る事やら!!
[PR]
# by ezo05 | 2006-10-25 06:33 | 洋裁 | Comments(2)

タンドリーチキン

鶏肉のから揚げは定番となっていますが、今回はタンドーチキンにしてみました。
手羽先を漬け汁に30分。低温で揚げてから軽く漬け汁にまたくぐすのです。香りといい、色合いといい食欲をそそります。
子供達の好物です。たくさん作って残ったらサラダにアレンジできるのです。重宝する一品ですね。
d0086514_64315.jpg

[PR]
# by ezo05 | 2006-10-24 06:46 | 料理 | Comments(0)

びわの葉の化粧水

今年の春、こ近所でびわの木がないか随分捜したのです。このあたりはビルばかりでびわの木がないのです。
かろうじてマンションの工事現場にありました。伐採される前に急いで現場監督にお会いして、事情を説明し葉っぱだけを頂く事にしたのです。ところがほしいびわの葉っぱは、とても高い所にあって手が届かないのです。タンバタンは長いハシゴをもっていき、取ろうとしていました。見かねた現場監督さん部下のおっちゃんに頼んで下さりたくさん取ってくれました。本当にお世話になったのです。
そのびわの葉、35度の焼酎につけること約半年。葉っぱを取り出し液体は本当に濃い色になりました。びわの葉のエキスがたっぷり出ているようです。
これを取り出して5倍に薄めて、グリセリンを少量いれ、化粧水を作ります。風呂上りにたっぷり霧にして顔から体につけるのです。(惜しみなく使うからでしょうか肌が白くなってきました)
体も乾燥しらずです。
また、少しだけコップにいれて炭酸で割って飲んでもおいしくいただけます。
びわの葉の効能はお釈迦様の経典にもかいてあるように、万病にきくとあります。
我が叔母などひざの痛みをびわの葉だけで治してしまったほどです。

          ↓ 左は炭酸で割っていただきます。
            右は5倍に薄めてグリセンリンを少量いれた化粧水。
            真ん中は原液です。
d0086514_9254219.jpg

[PR]
# by ezo05 | 2006-10-23 09:28 | 料理 | Comments(0)