おらおらでひとりいぐも

第158回芥川賞が発表になりました。

若竹千佐子著

「おらおらでひとりいぐも」

この本読んでみたいなぁと思い図書館に予約をいれました。

近々読めるのかと思いきや予約は450人待ち

「私生きてる間読めるかしら?」の質問に

係りの方は「?????」でした。

気長に待ちますわ~

d0086514_15450618.jpg


[PR]
by ezo05 | 2018-02-05 15:41 | その他 | Comments(4)
Commented by パッサカリア at 2018-02-05 21:04 x
450人待ちですか?一人2週間借りるとして、1か月で2人。一年12か月で24人。十年で240人、二十年で480人。まあ~19年ぐらいで回ってくる計算ですが、人間の命も限りはありますが、それまで本が持つかちゅー心配のほうが問題ですねえ・・・。
Commented by タンバタン at 2018-02-06 15:38 x
そうなんです。
バッサカリアさんコメントありがとうございます。
以前53人待ちのとき、半年かかりました。今度はどうかしらね。図書館も1冊だけ購入するわけじゃないと思いますので淡い期待もしています。
本も買ったらいいのですが狭い家の中 本であふれてしまうのがどうもねぇ。私以外の家族は好きなように買っています。
けち臭い性格がでますね。トホホホホ
Commented by カズ at 2018-02-06 19:36 x
芥川賞などをとると次の芥川賞が発表になるまでの
6か月間は人気があると聞きます。
岩手の遠野の方の小説ですよね。早く読めるといいですね。
Commented by タンバタン at 2018-02-07 15:27 x
早く読んでみたい本のひとつです。
カズさんコメントありがとうございます。
考えることは皆同じなのでしょう。図書館で予約したのは私だけじゃなかったけどこんなにたくさんいたことに驚きです。
節約派が多いですね。
本は購入してもいいのですがじきにたまってしまいます。
断舎利断舎利ですので増やしたくないのです。
<< クロスターバン 着物からワンピース >>