娘のお弁当

毎朝家族のお弁当を作っています。5人分のお弁当は結構作り応えがあります。
今日はいつも体重の変化にビンカンな娘のお弁当をご披露しましょう。
彼女は就学前のお弁当箱を今でも使っているのです。物持ちがいいのではなく、ただ小さいからなのです。食べ過ぎないことを考えているようです。
少ない量で栄養があって、太らないおかずをいれるようにしているのですがコレが難しい!
今日は石川県の農家から取り寄せた玄米「こしひかり」を精米機で7分づきにして炊いたごばん(ごま塩をふりかけました)
山形県の山寺名物「山寺の玉こんにゃく」を炊いたもの。
昨日作りおきしておいた「タンドリー」を今朝、たまねぎとセロリとでマリネにしてみました。
イカフライ、ウインナー(焼いただけ)、辛子明太子(焼いただけ)、煮豆(金時豆を炊きました)
レタス(洗っただけ)
お弁当のなかにアルミ箔など食べられないものをいれるのが好きではないタンバタンはおかずの仕切りにきゅうりの薄切りを並べて使います。
d0086514_1165727.jpg

               今日も家族のお弁当をつくる幸せ味わってます
by ezo05 | 2006-10-05 11:14 | 料理 | Comments(0)
<< 男物ウールのきものから 紬のワンピース(グレー) >>